新潟はっぴー乳ライフ|ピンクリボンホリデー|ピンクリボン活動

乳がんについてあなたは正しく知っていますか?
トップ - 乳がんについて

乳がんとは?初期症状診断方法マンモグラフィQ&A自己診断(セルフチェック)リスクと予防

■ 乳がんとは?

大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。それぞれの乳腺は「小葉」に分かれ、小葉は「乳管」という管でつながっています。
乳がんの約90%はこの乳管から発生し、「乳管がん」と呼ばれます。小葉から発生する乳がんが約5~10%あり、「小葉がん」と呼ばれます。乳管がん、小葉がんは、乳がん組織を顕微鏡で検査(病理学的検査)すると区別できます。この他に特殊な型の乳がんがありますが、あまり多いものではありません。

 

▲ページの先頭へ戻る

 

初期症状
乳房のシコリ

乳がんは5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになると、自分で注意深くさわるとわかるシコリになります。しかし、シコリがあるからといってすべてが乳がんであるというわけではありません。

乳房のえくぼなど皮膚の変化

乳がんが乳房の皮膚の近くに達すると、えくぼのようなくぼみができます。

乳頭にみられる変化

乳頭の弾力性が失われ、傾いたり、陥没したりします。乳がんが乳頭の真下にできた場合の症状です。

シコリを発見したからといって、すぐに心配する必要はありません。乳がんのほかにも、乳房にシコリのできる病気(良性の乳腺繊維腺腫、乳腺症、乳腺炎など)は多いからです。こうした病気は、薬や簡単な手術で治療できますし、軽いものなら放っておいてかまわないものもあります。
ただし、シコリを発見したら、まず外科・乳腺外科を受診して、病名をはっきりさせましょう。なお受診する際には、乳がんの専門医のいる病院でしっかりした検査を受けましょう。

▲ページの先頭へ戻る

 

診断方法
1) 乳房X線診断 (マンモグラフィー)

触診では見つからないような小さなシコリや、シコリになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に大変有用な検査法です。

2) 超音波診断(エコー検査)

乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にし、わずかな濃度の違いで病巣を診断するもの。 マンモグラフィに比べて小さいシコリや石灰化の診断が困難ですが、シコリの内部構造の鑑別がしやすく、乳腺の密な若い 人や放射線被爆を避けたい妊娠中の方、乳房圧迫の痛みに耐えられない方などに適しています。

3) ヘリカルCT検査

乳がんの広がりを描出し、乳房温存が可能かどうか判定します。

4) 穿刺吸引細胞診

シコリが見つかった場合、シコリに細い注射針をさして、一部の細胞を吸い取って調べることにより、80-90%の患者さんでは診断が確定します。

5) 針生検

乳房にできた病変の病名を確定するための病理組織診断用に、組織を一部または全部を取ることを生検といいます。針生検は、直径2〜3mmの針を乳房内に刺して行うもので、直接皮膚を切開して行う外科的生検より身体に対する負担が小さく、また後述する画像診断を組み合わせることで、体表から触れない病変の生検が可能です。

6) 小切開による生検

約4~5cmの傷が残りますが、シコリそのものを切除して顕微鏡で検査するため、100%の確定診断が得られます。試験的切除は外来で20分程度で済み、その日に帰ることが出来ます。

7) シコリの触れない病変に対するステレオガイド下針生検

乳がん検診へのマンモグラフィーの導入により、シコリとしての感触で気づく前の微細石灰化といわれる病変の発見が増えています。画像診断装置(マンモグラフィー、超音波断層撮影)を見ながら、直径2〜3mmの針を乳房に刺して、疑わしい部分の組織を吸引しながら採取します。シコリとして触れる前の病変でもより小さな傷痕で、確実な診断が可能となります。

▲ページの先頭へ戻る

 

■ マンモグラフィQ&A
Q1:どうして圧迫するの?

A:乳房は立体的で厚みがあるため、そのまま撮影すると乳腺や脂肪、血管などの重なりで実際に腫瘍があっても写し出されないことがあるため、乳房を圧迫板ではさみ、薄く引きのばして撮影します。

Q2:いつ撮影するのがいいですか?

A:乳房は、排卵後から生理が始まる頃まで、ホルモンの影響で乳房が硬くなったり痛みを感じたりすることがあります。なるべくこの期間は避け、できれば生理が始まって、2〜3日後から1週間くらいの乳房の柔らかい時期に検査を受けましょう。

Q3:撮影の時に気をつけることは?

A:撮影の範囲は乳房からわきの下を含めた部分になりますので、撮影の際は、制汗剤やパウダーなどはつけないでください。パウダーなどが付いたまま撮影されますと、がんのサインである石灰化に非常に似て写ることがあります。不要な再検査や必要以上の被ばくを避けるためにもご注意ください。

Q4:被ばくの危険は大丈夫?

A:X線検査ですので、放射線被ばくがありますが乳房だけの部分的なもので、被ばくによる危険はほとんどないといわれています。 1回の撮影で乳房が受ける放射線の量は、東京からニューヨークまで飛行機で往復する間に必ず受ける自然放射線の量とほぼ同じで、とても少ない量です。撮影によって早期乳がんを見つけることができることのメリットの方がはるかに大きいので、安心して検査を受けてください。 ただし、妊娠している方、妊娠している可能性のある方は、事前にお申し出ください。検査の変更や延期を検討させていただくことがあります。

▲ページの先頭へ戻る

 

■ 自己検診 簡単にできるセルフチェック

乳がんは体の表面の乳腺にできるので、自分で発見が可能です。乳がんの初期症状は”しこり”が大部分。
毎月一回自己触診を行えば、より小さい早期のがんを発見できる可能性があります。
ただし、”しこり”の発見に神経質になる必要はありません。乳房が左右対称であることを確認する。乳房の健康管理のつもりで気軽に自己触診をはじめてください。

セルフチェックの時期

閉経前の方:月経が終わって一週間くらい、乳房の柔らかい時期がわかりやすいでしょう。
閉経後の方:毎月一回一定の時期に行ってください。

セルフチェックの方法
1) 両腕を下げたまま、左右の乳房や乳頭の形をおぼえておきます。
2) 両腕を上げて正面, 側面, 斜めを鏡に映し、次のことを調べます。

・ 乳房のどこかに、ひきつれやへこみはありませんか?
・ 乳頭の先に、湿疹のようなただれができていませんか?

3) 右の乳房から調べてみましょう。

あお向けに寝て、調べる側(右側)の肩の下に 座布団か薄い枕を敷き、乳房が垂れず腕の上 に平均に広がるようにします。

4) 最初に、乳房の内側半分を調べましょう。

右腕を頭の後方に上げ、左手の指の腹で、 軽く圧迫して、まんべんなく触れてみます。

5) 次に、外側半分を調べましょう。

右腕を自然の位置に下げ、やはり左手の 指の腹で同じように、まんべんなく 触れてみます。 最後に、脇の下に手を入れ、しこりが あるか触れてみます。

6) 右乳房を調べたら、左の乳房を同じ要領で調べましょう。
7) 最後に、左右の乳首を軽くつまみ、血液のような異常な液が出ないかを調べます。
注)乳房を指先でつまむようにして調べると、異常がなくても、しこりのように感じますから、必ず指の腹で探ってください。
下記の点にも注意しましょう。

*入浴中に調べる場合は、せっけんやジェルなどをつけ、人差し指, 中指, 薬指の三本の指の腹で渦巻き状に
  円を描くように丁寧にしらべてください。(日本対がん協会のパンフ引用)

*毎月自己検診をしているうちに、自分のふつうの状態がわかり、異常を早く見つけられるようになります。
  少しでも異常があったら、ためらわず、専門医の診察を受けましょう。

▲ページの先頭へ戻る

 

■ リスクと予防
乳がんのリスク要因・予防要因

 乳がんの発生、増殖には、性ホルモンであるエストロゲンが重要な働きをしています。これまでに確立されたリスク要因の中には、体内のエストロゲンレベルに影響を与えるようなものがほとんどです。実際に体内のエストロゲンレベルが高いこと、また、体外からのホルモンとして、経口避妊薬の使用や閉経後のホルモン補充療法によって乳がんのリスクが高くなるという根拠は、十分とされています。

 生理・生殖要因としては、初経年齢が早い、閉経年齢が遅い、出産歴がない、初産年齢が遅い、授乳歴がないことがリスク要因とされています。また、体格では高身長、閉経後の肥満が確立したリスク要因ですが、閉経前乳がんについては、逆に肥満者でリスクが低くなることが指摘されています。

 生活要因としては、飲酒習慣により、乳がんリスクが高くなることは確実、また、運動による乳がん予防効果はおそらく確実とされています。その他の食事、栄養素に関しては、脂質、野菜、果物、食物繊維、イソフラボン等が注目されているものの、十分に根拠がそろっているものはまだありません。

 その他、一親等の乳がんの家族歴、良性乳腺疾患の既往、マンモグラフィ上の高密度所見、電離放射線曝露も、乳がんの確立したリスク要因とされています。
(がん情報サービスganjoho.ncc.go.jpより)

 

▲ページの先頭へ戻る